メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

680

10日目

とうとう、二桁に突入しました入院生活。

 

毎日毎日TVばっかり見てるので、異常にニュースに詳しくなる。

 

しかし、アレですね。

TVのニュースより、ネットの方が情報早いのね。

 

改めて、ネット社会は怖いよーなスゴイよーな。

 

 

だんだん病院飯にも慣れてきまして、レパートリー的にも面白くなくなったので、今日も写真撮りませんでした(笑)

 

 

んで、今日はこれを探してました

 

 

『君がほしい』

 

    安水稔和   

 

君の体を

めったやたらに切りきざみ

ようしゃなく殺してしまおう。

 

さて商人に身をやつし

町から町を旅する。

 

潮風の町。

山と川のある町。

熊笹の鳴るばかりの町。

どこであろうと君はもう逃げられない

君をひきよせようと伸ばしたぼくの手から。

 

ところで

自責の念はさらさらないにしてもだ

そろそろ君のばらばらの体が重くなってくる。

万々発覚することはないとはおもうのだが

やっぱり殺人事件にかわりない。

刑事の姿がちらちらすることにもなる。

 

だからやっぱり

君をようしゃなく殺すのはやめることにする。

 

それにやっぱり

同じ重いめをするなら

五体そろった君

である方がいいにきまっている。

 

それでやっぱり

はっきり君に云おう

 

君がほしいと。

 

 

中学の時に、読んだ詩なんだけど、ハンパない破壊力が有って、今でもまだ暗唱出来るほど頭にこびりついてたんだよねー(笑)

 

今考えると、「ストーカー気質」とか「DV気質」とか言う言葉がチラつくんだけどw

 

この当時は、

「スゴイ愛だw」

と、思ったんだよねー(笑)

 

この人は、もし、断られたら、やっぱりバラバラにするのだろうか?

そう考えてしまうようになった私は、やっぱり純粋さが無くなったんやろなぁ

(*´∀`*)

 

 

でも、手放したく無いほど、

一時も離したく無いほど、人を欲しいと思える強欲さに、まぁ多少きゅんとしなくもない(笑)

 

 

 

何の話かと言うと…

 

暇な時間が有ると、無性に昔の事を思い出したりして、何か…

 

微妙に落ち込んじゃう事になるので、「暇は嫌だな」って事でしたw

 

 

GINちゃん漫画持って来てくれんかなー。

 


Ψ(・O・)Ψ 

スポンサーサイト
  • Date : 2013-06-19 (Wed)
  • Category : 日記
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。