メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
311

私の日常@土用の丑の日

土用の丑の日…って、何でうなぎ食べるんですかね?(笑)なぜか行事化してるのは、スーパーの目論見?土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間で日の十二支が丑である日のこと。夏の土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、鰻を食べる習慣がある。 土用入りの日が申から丑の間の場合は、丑の日が2回あることになる。この2回目の丑の日を二の丑という。 一般には土用の丑の日といえば夏を指すが、土用は春、夏、... 土用の丑の日…って、何でうなぎ食べるんですかね?(笑)<br />なぜか行事化してるのは、スーパーの目論見?<br /><br /><br /><hr size="1">土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間で日の十二支が丑である日のこと。<br /><br />夏の土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、鰻を食べる習慣がある。 土用入りの日が申から丑の間の場合は、丑の日が2回あることになる。この2回目の丑の日を二の丑という。 一般には土用の丑の日といえば夏を指すが、土用は春、夏、秋、冬の年4回あり、土用の丑の日は年に数回ある事になる。 近年、鰻の人口当たり消費量上位に位置する長野県岡谷市を中心として寒の土用の丑の日にも鰻を食べようというキャンペーンが展開されつつあり、全国に広まりつつある。<br />『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用。<hr size="1"><br /><br />毎年うなぎは食べてるけど…<br /><font color="#FF0000">長野から新しい土用の丑の日が出てるとはっ!!</font><br /><br />ちなみに、うち、うなぎあんまり好きじゃないです^^;<br />骨がましいというか、パサパサしてる感じがあって…<br /><br /><span style=font-size:x-large>毎年まずいうなぎにあたってるのk(ry</span><br /><br />ま、そんなわけで、今日はうな重を買ったわけですが…。<br />
  • Date : 2007-07-30 (Mon)
  • Category : 日記
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。